自然なウィッグ

女性の薄毛を自然なウィッグでカバー

最近のウィッグは種類も豊富で見た目も自然なものがとても増えてきました。
薄毛が気になりだしたら、上手なカバー方法として女性用のウィッグ・かつらを検討してみるのもひとつの方法です。
お洒落を楽しみながら自然にカバーできます。
女性達の中ではウィッグ自体の認知度もあがって、今ではお洒落の定番アイテムにもなりつつあります。
複数のウィッグを使いこなしたら、ウィッグを使う前よりもおしゃれ度が増して、薄毛は改善したけれどウィッグを気に入って使い続けている、なんていう女性もいます。
ウイッグはどの様に選べばいいのでしょうか?

 

女性のウィッグ

 

 

「ウィッグ」と「かつら」の違い

 

基本的には「かつら」も「ウィッグ」も同じものですが、主に女性用をウィッグといい、男性用をかつらという場合が多いようです。舞台や時代劇で使うものはかつらといいます。
また、つけ毛も女性用はウィッグと呼び、ファッション的なものはエクステなどと呼んで区別をつけているようです。
メーカーによっては医療用かつらについても女性用についてはウィッグと言っています。
かつらと言うより「ウィッグ」の方がお洒落に感じて、手を出したくなる女性の心をつかんでいるのかも知れませんね!

 

こんな女性にはウィッグをおすすめします

 

ヘアスタイルは女性の見た目年齢を左右する重大な要素。
美しく若々しい印象の私でいたかったら、ウィッグを検討するのも賢い手段としておすすめです。
最近では飛躍的に技術が進歩して、より仕上がりが自然なウィッグが増えています。

 

ヘアスタイルが決まりにくくなった…

加齢や外的環境の影響で髪質が変化するとうねりやパサつきなどでヘアスタイルがまとまりにくくなります。毎朝のスタイリングが大変などというときには、すぐ決まったヘアスタイルになれて、自然なウィッグならノンストレスですね。

 

白髪染めが大変

染めても染めても出てくるような気がする白髪。毎月の美容院代も大変、自分で染めてもヘアが傷むというようなジレンマに陥っている女性も多いのでは。永遠に続く美容代や傷み続ける髪のことを思うと上質なウィッグのほうがお得かも知れません。最近ではお手入れしやすいウィッグも増えています。

 

薄毛の自然なカバーとして

ボリューム感が無くなったり、地肌が見えるような薄毛の状態は見た目年齢を老けさせるばかりか、外出が億劫になり、ウツ状態に…なんてことにもなりかねないので、そのまま過ごすことはおすすめできません。
明るく、ハツラツとした人生を送る手段としてウィッグは女性にとって心強い味方です。

 

女性の薄毛

 

薄毛治療中の対策として

薄毛治療には一定期間がかかります。ある程度効果が見えるまでは3か月以上はかかるので、治療期間中はなかなか気持ちが晴れないというかたも多いのが現状です。いつも、お洒落に豊かな髪で過したいと思うのが女性の気持ち。ウィッグを併用するのもいいですね。

 

 

ウィッグの素材は?

 

使用する素材は以下の3つに分類されます。

 

人毛

日本のウィッグは中国から輸入した人毛が多く、製造も現地で行い、コスト抑制を図っているメーカーも多いようです。何よりも自然に見えることが人気を呼んでいます。

 

人工毛

ポリエステルなどの化学繊維から作られています。形状記憶を持たせたものも多くセットがしやすく、手入れも簡単なことがメリットとしてあげられます。

 

ミックス

人毛と人工毛を合わせて作ったウィッグです。人毛の割合は30〜40%ぐらいのものが多いようです。

 

人毛と人工毛の比較

 

人毛は日本人と同じ黒髪の中国や東南アジアから輸入されるものが多く、同じ黒髪でも太さ、色などによって分類し、きれいなウィッグに仕上げていきます。人工毛は価格によって品質もさまざま、技術の進歩により、自然で品質のよいものが普及してきています。

 

  人毛 人工毛
価格 高め 人毛より低価格
自然さ 自毛となじみやすく、見た目や手触りも自然。 自毛となじみにくい、技術の進歩で見た目、手触りもだいぶ自然に。
手入れ シャンプーやケアなどが必要。 洗って乾かすだけの手入れで済む。
スタイリング・カラー スタイリングやカラー、パーマなど自毛のようにできる。 カラーやパーマはできない。スタイリングは耐熱素材使用のものなら可能。
耐久性

紫外線による色褪せが生じる場合も。

カラーリングなどでメンテナンスできる。

年月がたつと全体が縮れたりする。

劣化するとメンテナンスができない。

重量 人工毛より重い 軽い
その他 雨に濡れたときや風に吹かれたときに自然に見える。 色褪せはほとんどないが、化学繊維のため静電気が生じやすい。

 

 

 

購入までの流れ

セミオーダーやフルオーダーでウィッグを作る場合、基本的な流れは以下の通りです。

 

1)カウンセリング
専門スタッフや技術者が髪の悩み、希望のヘアスタイルなどを聞いていきます。
→髪質、髪の量、カラーなども合わせて考えアドバイスされます。また、フルオーダーかポイントオーダーかなども検討。

 

2) 試着
試着もすると具体的なイメージがさらに広がります。

 

3) 採寸
頭の大きさはもちろん、量、髪の流れ、色、太さなども細かくチェックして、より自然な仕上がりを目指します。メーカーによっては3Dスキャナーでの採寸などより正確性を期しています。

 

4) ネット、ベース、カラー選び
ウィッグを定着するネットや地肌となるベース、髪のカラーなど自分の好みを反映して選べます。

 

5) 完成・仕上げ
後日できあがったウィッグを装着し、好みに合わせてカット、自然なスタイリングをして完成です。

 

6) メンテナンス
定期的な点検、ウィッグのシャンプー、カット、修理などのメンテナンスを受けます。メーカーごとにメンテナンスにも力を入れています。

 

ウィッグ購入の注意点

 

それなりの出費を覚悟するウィッグ。後悔しないために、しっかり検討して購入したいですね。いくつかの注意点をあげていきます。
購入後1年無料のサービスもありますので、こうした内容を比較するのもメーカー選びの目安にしてもいいでしょう。

 

試着をしっかり行いましょう

 

女性にとって何よりも求められるのはウィッグの自然さですよね。
後悔しないためにも試着サービスはしっかり利用して、ウィッグ着用時のイメージを具体的にしましょう。

 

目的を明確に

 

ウィッグでカバーしたいのは髪全体なのか、ポイント的にカバーしたい(分け目、トップなど)のか、お手入れはどの程度できるか等も明確にしましょう。
そのうえで専門家のアドバイスをもらい、ベストな方法を選びましょう。

 

自然に見えるためのポイント

 

より自然なウィッグを作るためには、好きなイメージだけを先行せず、自分の髪の量、色、白髪とのバランス、地肌とベースの色の差など、また頭のサイズと合っているかどうかもポイントです。

 

カウンセラーに必ず尋ねたいチェック項目

 

*細かく聞いて、的確な返答があるかチェックしましょう。

 

機能性

通気はよいか、装着の方法 

 

メンテナンス

自分でできるお手入れ方法。メーカーでやってもらえるメンテナンスの内容など。

 

スタイリング

毎日手早くできるスタイリングや、少しお洒落にしたいアレンジ方法などを教えてもらいましょう。

 

耐久性

ウィッグは永久にもつものではありません。耐久性は3年ぐらいといわれています。長持ちさせる手入れ方法なども聞いておきましょう。

 

 

*エクステンションは薄毛を進める!?

 

人毛や人工毛の束を、接着剤を使ったり、編み込んでロングヘアのお洒落を楽しむエクステ。若い女性を中心に人気のヘアアレンジですが、頭皮や髪の毛には負担をかけるので、あまりおすすめは出来ません。
まずエクステをする際、つけるときに髪をある程度引っ張らなければならず、その数も多い。また、つけた後のシャンプーでは、エクステが髪に編み込んであるため地肌までしっかり洗えません。
長くて3〜5カ月もつといわれていますが、衛生上2カ月程度で外すのがおすすめ。信頼できる技術がある美容室で行うようにしましょう。
薄毛が気になっている女性には、女性用かつらかウィッグ、どちらかをおすすめします。

 

 

安心できるオーダーメイドウィッグおすすめランキング

 

レディスアデランス

 

オーダーメイドウィッグ

 

やっぱり安心しておすすめできるのは35万人以上の方が愛用している「レディスアデランスのオーダーメイド・ウィッグ」です。
試着体験は無料で受けられます。
ウィッグの試着だけでなく、使い方やアレンジ、お手入れについて等、専門のスタッフがわかりやすく説明してくれます。

 

☆ 「レディスアデランスはどこにあるの?」

 

詳しい情報はレディスアデランス公式ホームページをご覧ください。

 

レディースアートネイチャー

 

 

レディースアートネイチャーは、自然なオーダーメイドウィッグや、増毛、ヘアケア等髪に関するお悩みの総合サロンです。
お手入れ方法なども詳しくご案内、きめ細やかなアフターサービスでサポートします。
快適なサロンもご用意し、お客様のご要望にお応えしています。

 

☆ 「レディスアートネイチャーはどこにあるの?」

 

詳しい情報はレディスアートネイチャー公式ホームページをご覧ください。

 

 

 

 女性の薄毛治療の病院ランキングへ