女性 薄毛 予防

女性の薄毛を予防するためには

抜け毛が気になり始めたら、何よりも早めに手を打つのが最も大切です。
女性特有の薄毛を予防、改善するための主な方法をご紹介しましょう。

 

頭皮、毛髪は常に清潔にしましょう。

 

頭皮が汚れると常在菌が繁殖し、脱毛が促進され薄毛が進んでしまいます。
皮脂が分泌され毛穴に詰まると、フケを増やし毛髪の成長を妨害します。
薄毛を避けるためにはしっかりシャンプーをして頭皮と毛髪を清潔に保ちましょう。

 

 

パーマやヘアカラー、ヘア剤などを控える

 

ご存知の方も多いとは思いますが、パーマやヘアカラーは髪や頭皮への負担が多少なりともあるものです。
強いヘア剤はそれだけ強い洗浄力のシャンプーを使うことが必要になり、さらに頭皮や毛髪への負担が大きくなってしまいます。
薄毛が気になる時期は、毛髪を痛めたり、弱くしたりする原因となるものは、なるべく使用を避けましょう。

 

頭皮のコリをほぐしましょう。

 

頭皮が硬く、動きにくいのは、血行が悪くなり毛髪に栄養が届かなくなっている状態。
頭皮を動かすようにしてマッサージして、血液の循環を良くすることは薄毛予防にも多いに役立ちます。

 

ストレスを避け、睡眠を十分にとりましょう。

 

ストレスも薄毛の大きな要因。心身の過労を避けて、ゆったりした時間を作りましょう。
睡眠も十分にとることが大切です。

 

バランスの取れた食事

 

もちろんですが毛髪が何から作られるかといえば、体内に摂取した食べ物から。
過度なダイエットはやめて、良質なたんぱく質を摂れる食生活を心がけましょう。

 

髪に負担のかからないヘアスタイル

 

きつく縛る、強いパーマを当てるなど髪への負担を避けましょう。
別ページでも説明していますが「牽引性脱毛症」の原因になります。
また、分け目もいつも同じ部分ではなく、違う方向からにするなど工夫すると薄毛予防にも有効です。

 

髪に良いサプリメント

 

薄毛対策に有効なサプリメントやヘアケア剤も最近は多く販売しています。

 

 


薄毛に良いとされる成分
ビタミンC・ビタミンA・ビタミンB6
コエンザイムQ10・αリポ酸
亜鉛など

 

 

早めに専門医へ相談

 

抜け毛が気になり薄毛の可能性が出始めたら、自己診断は意外と回り道で、病院の薄毛治療では時間を短縮化できます。自己療法に比べたら一時的にお金はかかりますが、結果的には病院治療のほうがお得かも知れません。

 

 

薄毛の治療専門病院では、発毛に効果があると証明された薬剤を使用しての治療が受けられ、それと相乗効果のあるビタミンやミネラルなどを補う外用薬や内服薬も処方されますので、より効果的で確かな薄毛治療が可能です。

 

 女性の薄毛治療の病院ランキングへ