女性 薄毛  ヘアサイクル

ヘアサイクルについて

女性の薄毛の原因を探るにはまず毛髪の成長サイクルである「ヘアサイクル」を理解しておく必要があります。
毛髪の寿命には一定のサイクルがあり、自然に抜け落ち、新しい毛が生まれるというサイクルを繰り返しています。これをヘアサイクルと言います。

 

  • ・初期成長期→

    (古い毛が抜け、新しい毛が生まれる)

 

  • ・成長期→

    (毛母で盛んに細胞分裂し、毛髪が成長する)

 

  • ・退行期→

    (細胞分裂を停止して毛包の収縮が起こる)

 

  • ・休止期

    (毛包が収縮し、毛が抜けおちる)

 

 

 

成長期が約2〜6年続き(平均4年)、数週間の退行期を経て、数カ月の休止期に入ります。

 

 

 

薄毛じゃない正常の人のヘアサイクルは規則的で一定です。
それに対して薄毛の人はこのヘアサイクルが何らかの理由によって正常に繰り返されなくなり、毛母細胞が休止したままの状態になってしまうことで薄毛になります。
薄毛解消の為にはこの「ヘアサイクル」を正常な状態にすることが必要といえます。

 

また、薄毛の中には、髪が抜け落ちることより、ヘアサイクルの成長期に「太くなる」というプロセスが衰えてしまって薄毛に見えてしまう、というケースもあります。
つまり、髪の本数は以前とあまり変わらないのに、太くならないから、薄毛に見えてしまうということです。

 

早めに専門医へ

 

薄毛が気になり始めたら、早めに専門医へ相談することをおすすめします。
病院ではスコープを使っての検査や毛髪ミネラル検査で、髪と頭皮の状態を詳しく調べ、薄毛の原因を探り、適切なアドバイスと治療をしてくれますので、早めの診断、早めの治療が鉄則です。

 

 女性の薄毛治療の病院ランキングへ